輸出入に関わる仕事|業種の特長を把握することが大切|会計事務所の求人情報をチェック
複数の人

業種の特長を把握することが大切|会計事務所の求人情報をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

輸出入に関わる仕事

PCを操作する人

有利になる職能

輸出入に関連する職種は国際的なビジネスに携わる事が出来るチャンスです。これは大手商社から自動車メーカーなど知名度の高い大企業で働く事が出来るという特徴を持ちます。しかし、この特殊な仕事に就く為には語学力や輸出入に関連する知識に長けた人材である事が要求されるのです。この輸出入に関する職能を証明する資格として貿易事務があります。とりわけ、大手企業になるほど貿易事務の専門資格を取得している事が採用条件とされ、且つ実務経験や語学力などの貿易業務に必要不可欠なスキルが重視されます。更に、これらの職種は書類作成業務が多い事から、コンピューターのスキルが必須とされている事も特徴です。その為、基本的なコンピューターソフトの使い方や書類作成の技術が必要とされます。

重視される能力

貿易事務の仕事はオフィスワーク的な業務ばかりではありません。貿易事務はクライアントと直に連絡をとり、常時変化する為替や荷物の運行状況などを見据えながら臨機応変に対応する事が求められます。その為、貿易事務の仕事では英語でのコミュニケーションスキルが重視されているのです。貿易事務の資格には幾つかの種類がありますが、通関に関するものは国家試験に合格する事が必要です。この専門資格を取得する事で輸出入に関する幅広い業務に携わる事が出来るようになります。また、事務的な職務の場合は貿易事務に特化した民間の資格もあります。やはり、貿易関連の業務の基礎を身に付けるためにもこの資格を取得し実務経験を培う事が重要です。