女の人

業種の特長を把握することが大切|会計事務所の求人情報をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

輸出入に関わる仕事

PCを操作する人

貿易事務の職能は大手企業から求められているニーズの高いスキルです。貿易事務の仕事は専門資格が要求される事が多くなり、且つ語学力や書類作成のためのコンピュータースキルにも長けた人材である事が求められます。

現在注目を浴びている仕事

メンズ

工場の正社員になりたいなら運転免許などの資格を取得すること、ライン工を避けること、社会保険や厚生年金に加入できるか調べることが重要です。工場の正社員になれば寮に住めたり、住宅手当や家賃補助が付いたりと、住居関連の福利厚生は他業種より優れています。健康診断を受けることができるのも大きなメリットです。

求人情報を見てみよう

男性

比較的、安定した収入を得られ、やりがいを感じられるから施工管理会社の求人は人気です。採用されるには専門的な資格が必要になることもあるので、募集内容をしっかり確認した上で応募しましょう。いろいろな業務があります。

離職率の高い業種

電卓を操作する人

繁忙期に注意

会計事務所は繁忙期と閑散期がはっきりしている業界の一つです。毎月の決算申告業務や、月次報告の作成などさらには、年末調整の時期や3月前などは、会計事務所の最大の繁忙時期になります。特に3月は多くの会社が決算を迎えるため会計に関わる仕事は繁忙になります。夜遅くまで仕事を行う事は珍しくないのです。逆に夏の期間などは、閑散期になります。一日の中でもほとんど仕事が発生しなく、定時で帰宅することができます。会計事務所に就職をする場合には、この繁忙期と閑散期があることを認識しておくことが必要になります。もちろん従業員に対する給与の支払いは当然行わなければなりませんが、繁忙時期の残業手当や休日出勤手当などが支払われているかなど基本的なことを確認しておくことが大事です。

情報収集を行う

最近ではブラック企業などが話題になっています。小さな事務所などでは給与の支払いがずさんであることも実際には生じています。そのため入社前に体制などをきちんと確認しておくことが大事になります。離職率が高いため、会計事務所の求人は一般的に多くなっています。零細会計事務所が多く、そして離職率が高いため、常に求人が出ているのです。求人広告だけで飯山せず、情報をできる限り収集してから面接に臨むことをお勧めします。会計の世界では将来的に独立する人も少なくありません。ステップアップのために現存の企業で経験を積む場合には、仕事量も関わってきます。できる限り大手のほうが、扱う仕事も大きくなっていますので、求人の際には、会社の規模なども考慮することが大事です。